平凡な毎日☆でも楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都のお正月

<<   作成日時 : 2008/01/03 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

 京都といっても、我が家のお正月は珍しいでしょう。
 我が家の三が日をご紹介します

画像


 まず元旦の朝一番に家族全員が揃って
 神棚(我が家は神道です)の前に正座して祝詞をあげます



 大福茶
画像

 小梅と結び昆布の入った大福茶を
 「お祝いやす。今年もよろしくおねがいします」と言ってよばれます


 お雑煮
画像

 お雑煮も「お祝いやす」といってから食べます

 白みそ仕立てで、かしらいも、祝い大根、小芋が入っていて、
 かつおをのせて食べます。


 にらみ鯛
画像

 ”にらむ”だけで食べません。
 
 ”にらみ鯛”をにらむのは、三が日の干支の人です。
 例えば今年は、1日は子、2日は丑、3日は寅の日です。
 その干支の人が、その日に鯛をにらみます。
 もし、子年生まれの人なら1日、丑年なら2日ににらみます。
 関係のない干支の人はにらみません。

 

祝い膳です

 男用
画像

 全て朱の塗りで、我が家の男紋の”丸に隅立ち四つ目”が入っています。

 女用
画像

 黒で中が朱の塗りです。
 女用は男の人より足が高くなっています。
 我が家の女紋の”桔梗”が入っています。

 
 お正月のお箸
画像

 このお箸を松の内(15日まで)使います。

 家長が箸袋に名前を書きます。
 家長が主人、そしてそれぞれの家族の名前。
 ”組重”はお節をとるのに使います。


 こんな感じです
画像

 いつもこたつを置いているところで、
 お正月は正座をしてお雑煮を祝います。
  (大福茶でお祝いしているところです)


 玄関飾り
画像


 ちょろけん
画像

 神棚、玄関、台所、洗面所、トイレに飾ります

 それ以外のお飾り
画像

 ちょっとガラスが光ってしまいました

画像


画像




 お正月の器です

 おめでたい鶴の小皿
画像


 干支 子のお盃
画像



 お雑煮をお祝いし、義父がお酒をダラダラと飲み、
 やっと後片づけが済むのが昼前
 
 午後からは近くの下鴨神社に初詣に行きます


 そして元旦の夜は、”蛤のお吸い物”を必ず頂きます

 お正月の間は義父も一緒に夕飯を食べます。これがまた大変
 お酒,大好きの義父なので、早い時間から延々と続きます
 私はバタバタです
 

 
 2日も朝から家族全員で祝詞をあげて、
 大福茶を飲みお雑煮を祝います

 毎年2日は必ず、夫と義父は行く所があり、
 お年賀を持って新年のご挨拶に行きます

画像

画像

 おめでたい時に使う”宝づくし”の縮緬のお風呂敷きです



 以前、2日にはお仕事関係の方がご挨拶に来られたり、
 義父の弟妹さんとが大勢来られて、大宴会で大変でしたが
 最近は来られなくなったので、私は大助かりです


 
 そして3日も同じように祝詞をあげて、
  大福茶を飲みお雑煮を祝います


 3日はこれといった用事もなく、たいがい義父もお出掛けしはるので
 やっとゆっくりと過ごせます


 我が家の三が日はこんな感じです
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます
わ〜スゴイですね?
うちは、両親が地方なので京都らしいお正月ではないんですが、
おみごとですね?
その精神を見に付けてみたいとおもいました。。。
今年もよろしくお願いします

http://wmk.blog68.fc2.com/
ビーデル(シェレまま)
2008/01/03 03:29
あけましておめでとうございます。
へ〜!!
くるんぱさん家って凄いですね!!
ってか、すばらしい!!
はっち家も小さい頃は くるんぱさん家ほどではないですが、
お着物着て、新年のご挨拶をしてって感じでした。
今では、おせち料理すら作りませんからね〜。
そうそう!!お正月の三箇日はお金を使ってはいけない!!
って、この家訓だけは今も引き継いでいますけど。
お賽銭のみOKなんですよ。
はっち、これだけは代々引き継いでいこうと思ってます。
やっぱ、くるんぱさんって素敵だわー!!
憧れのお姉さまです!!
あっと!!
今年もよろしくお願いします。
なんか、ごちゃごちゃになっちゃった(^^ゞ

そうそう!
お気づきかも知れませんが、ブログタイトル変えました。
▼・ω・▼ トイプードル CLAIR▼・ω・▼改め
▼・ω・▼ とことん Clair ▼・ω・▼です。
よろしくお願いします。
はっち
2008/01/03 11:23
ビーデルさま
あけましておめでとうございます!
バリバリ京都のお正月でしょ? 最近は京都でも少ないと思いますね。
でも、うちのお正月は、主婦の私にっとては結構お仕事が多くて大変なんですよ(-_-;)
どうぞ今年もよろしくお願いします♪
くるんぱ
2008/01/03 12:12
はっちさま
あけましておめでとうございます。
今時、祝い膳でお祝いするって珍しいでしょう? 私の知人でも我が家と私の実家しかないですね(-_-;)

お正月にお金を使ってはいけない!って初めて聞きました。
そうなんや! そういう言い伝えがあるのやね(*^-゚)
いいこと聞いたわ! 今年はまだお金使ってないから、今年から実践しましょう。お金が貯まるのかな?(*^-^*)

1日にタイトルが変わっていたので、早々に変更させてもらいました(^-^)v

今年も笑い、笑い、笑いのあるブログ楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします♪
くるんぱ
2008/01/03 12:25
素敵〜〜♪♪裏切らない京都のお正月って感じですね。
どの器もとってもいいですね!!
中でも、このお風呂敷はとっても素敵〜〜♪
色も絵もおめでたくて、素晴らしいですね。さすが!くるんぱ家です。
本当に、これだけの準備は大変ですね。
でも、ひとつひとつに意味のある伝統を守っていくなんて
なかなか、出来ない事ですものね。素晴らしい〜(^^)
我が家とは大違いです。
今日は夫の妹が来てくれたのでお昼からまた、食べて食べてでした。
お寿司やロースとビーフ、気持ち準備した御節も丁度無くなりました。
嬉しいっっ  

小太郎は毎日朝・夕のお散歩に張り切ってますよ。
風にも負けず!らしいです。年末からず〜と夫のお仕事になってます。

私、お散歩に復帰出来ますでしょうか。。。。





小太郎ママ
2008/01/03 16:47
やはりしきたりを重んじた京都のお正月ですね。
朝一のお茶と梅干。これって母の実家がそうなんですよ。
男紋と女紋が違うのは初めてみました。
用意やその後の片付けをする主婦は大変だけど、こういう伝統的なことは続けていきたいですね。
ひとつひとつにちゃんと意味があるんですもんね。
くるんぱさんのお舅さんもお酒好きなんですか
我が家の旦那さんも大酒飲みで、いつまでもだらだら飲んでいて全然片付けができません(´A`。)
酒飲みってキリないからイヤですよね〜
パパっと食べてパパっと片付けたい私。
飾り餅のウラジソとゆずり葉。どうしてもゆずり葉が売ってなかった桃ママ地域。やっぱり関西でもゆずり葉は敷きますよね。
でもなんでゆずり葉売ってなかったんだろう・・・・・?

あっと言う間の三が日。何処いくでもなくおさんどんばかりの三が日でした。
松の内までに年賀状のお返事をださなければ・・・と昼間必死に追加年賀を作成していました(^^)
桃のママ
2008/01/03 22:33
遅ればせながら
あけましておめでとうございます!
今年も遊びにきちゃいますよ〜

ホ〜!フムフム・・・
きっちりしてるんですね〜
なんか難しそうですが
良いお正月ですね^^
すっごいな〜
これからも色んなこと教えてくださいね!
confiture^^
2008/01/04 01:53
おめでとうございます、本年もよろしくお願いします。

いや〜久々に串柿見ました!懐かしくって感動しました。
生まれ育った地を離れ、関東圏以北ばかりで暮らし、今は横浜が気に入りココに根を張ることになりました。
日本の伝統行事を守って下さってる方が居ると思うと嬉しくなります。
おまけに男紋が私の実家紋と一緒だなんて、余計に親近感がでますぅ♪

神道だなんて、由緒正しきお家柄なんですね!
本当に素敵な(ちょっと手間が掛かりますけどね)新年の三が日の行事を拝見できて嬉しいです。
我が家は両親や祖父母も早死にでしたから、一番聞いてみたい年頃には誰も教えてくれる人が居なくなりました。
記憶の片隅にある行事を、出来る範囲で続けるのみです。

特に京都は宮中行事を取り入れた風習が多いことでしょうね。
年の初めに厳かな行事を拝見できて身が引き締まりましたm(__)m
pearl
2008/01/04 11:05
新年、明けましておめでとうございます!

同じ京都でも、なんて我が家は風習のない家なのか・・・(笑)
くるんぱさんちのように伝統を受け継いでいくのって、素晴らしい事だと思います!
うん、ほんま、素敵〜〜〜〜!
そういえば・・・子供の頃はお正月の朝にはお仏壇の前に勢ぞろいしてお経を読んで、それからお雑煮を食べてたなぁ・・・。かしら芋を父が家族に切り分けて・・・・・。その父も亡くなったし・・・。
なんだか、昔を思い出しました〜。アリガトウ!

今年もどうぞヨロシクです
aya
2008/01/04 11:46
あけましておめでとうございます。
実家に帰郷したりでバタバタしていましてご挨拶が遅れて
ごめんなさい。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

くるんぱさん家のお正月。
なんだからTVに出てくるみたい。。。日本の伝統というか。。。
私はそういうしきたりなしに育ってしまいました。
くるんぱさんのお家はすごく素敵って思います、男性女性で
おとその器が違うんですね。
お嬢様もお嫁にいったら、母から受け継がれるこのお正月を
実行していくんですね。。
素敵。。。
さくらママ
2008/01/05 07:44
スゴイですね!!
京都でも、これだけの方はなかなかいらっしゃらないのでは!?
お正月番組にでも出てきそうです。
レポーターとか来ませんでしたか!?

でも、こういう伝統を守るのって大事な事ですよね。
こっちでは、三が日は男の人がお雑煮を作る習慣があるんですよ。
それ以外は何もないんですけど・・・。

お祝い膳も高級感ありますね〜。
男紋と女紋まであるなんて、初めて知りました。

にらみ鯛の“睨む”って本当に睨みをきかせるんでしょうか?
それとも、見ることを睨むって言うのかな??

それに・・・。
にらみ鯛って、この後どうなるんですか?
新年早々、気になるコトだらけです(笑)

まるごとサザエ。
2008/01/05 13:29
遅くなりましたが・・・

あけまして おめでとうございます!

くるんぱさんのお家は、由緒正しいお正月行事があるんですね〜
凄いなぁ〜 でも大変そう^^
そういう事をお子さんはしっかり受け継がれていくんだと思うので
大切な役割ですね。

今年もどうぞ宜しくお願いしま〜す!
ちぃ
2008/01/05 14:24
こんなにお正月の行事をきっちりされるなんて〜尊敬です。
そういえば昔は、年始のあいさつ回りで会社の方が来られてましたけど、今では返ってそんなことをするのも気を使わせるようで『迷惑』だろうという考えが一般化してきているような。。そんな世の中ですよね。
『鯛をにらむ』っていうのも面白いですね〜
何から何まで〜とっても勉強になりました♪
のりりん
2008/01/05 17:17
小太郎ママさま
確かに古風なお正月ですね♪ 
私もこのお風呂敷きは大好きなんです。写真ではわかりにくいですが、私の名前が染め抜いてあるんですよ。
お正月の準備から、三が日、そして後片づけ… でも以前のことを思うと、お客さんが来られないだけ、これでも楽になった方です(*^-゚) 
本当は気の置けない人たちと一緒に過ごすのが一番楽しいですよね。
小太郎ママさんは楽しかったでしょ。
お散歩寒いですよね。うちも主人に今は行ってもらってます。月曜からが辛いです(o´_`o)
くるんぱ
2008/01/05 20:48
桃のママさま
お母様のご実家も大福茶でお祝いですか。一緒ですね♪
家紋には男紋と女紋があって、男の人の着物には男紋を入れます。女の着物には女紋を入れます。娘を嫁がす時は、家にもよって違いはありますが母親の紋(女紋)を入れた着物を持たせます。

義父と一緒にご飯を食べる時は大変です(o´_`o)
三が日は朝から昼迄宴会だし、夜は誰よりも早くから食べ始め、みんなが終わっているのにまだ1人宴会です。どっと、疲れます(〃´o`)=3 フゥ

京都ではゆずり葉は、お花屋さんやお飾りを置いているスーパー等でも売ってますよ。京都はゆずり葉は必ず飾りますが、そちらはゆずり葉は飾らないのですか?

桃のママさんのお家も三が日は忙しそうですね。私も三が日が済むとホッとします。4日からが少し楽になります♪
くるんぱ
2008/01/05 21:07
confiture^^さま
あけましておめでとうございます♪
古風なお正月でしょう。今はこのようなお正月をされているお家は少ないですよね。古いだけが取り柄の我が家です(^^ゞ
今年もよろしくお願いします♪
くるんぱ
2008/01/05 21:10
pearlさま
あけましておめでとうございます♪
鏡餅に柿を飾るのは関西だけですか?

男紋がご実家と一緒ですか?これまた不思議なご縁ですね。

私は御先祖様を大事にし、お正月も嫁ぎ先よりも大変な家に育ったので、あまりお正月に対しては違和感は無いのですが、実家が仏教だったので、祝詞はややこしくて未だによく分かりません(^^ゞ

ちょっと古風なお正月を見てそういって頂けると嬉しいです♪
どうぞ今年もよろしくお願いします♪

くるんぱ
2008/01/05 21:24
ayaさま
あけましておめでとうございます♪
京都といっても、うちは骨董品みたいなお正月でしょう。私の実家もこうなんですよ。今時珍しいでしょ(*^-^*)
小さい頃はこれがイヤでたまりませんでしたが、今となってはこれも良いかなぁと思ってりしています(*^-゚)v

ayaさんの小さい頃を思い出してもらえましたか?
どうぞ今年もよろしくお願いします♪
くるんぱ
2008/01/05 21:33
さくらママさま
あけましておめでとうございます♪
古いだけのお正月ですが、そう言ってもらえると嬉しいです(*^-^*)
私はさくらママさんとは反対で、実家が今よりも厳しい家だったので、お正月に関しては、今の方が楽になって喜んでいるほうなんですよ(^-^)
娘や息子はこの先どうしていくでしょうね?
どうぞ今年もよろしくお願いします♪
くるんぱ
2008/01/05 21:49
まるごとサザエ。さま
京都でもうちみたいなお正月は少なくなってきているでしょうね。
そんなん!レポーターが来たら、くるんぱおばさんはしゃべって、しゃべってしゃべりまくりますよ〜!!

そちらのお雑煮は男の人が作るんですか?いいなぁ。そっちに引っ越したいわ^▼^ 

にらみ鯛は ”グッ!!”とにらみをきかせます。
あまり詳しいことは分かりませんが、厄払いのようなものだと思います。
この鯛を本当なら食べるべきなのでしょうが、3日まで置くととてもじゃないけど食べられないです。ごめんなさいします(-_-;)
くるんぱ
2008/01/05 21:59
ちぃさま
あけましておめでとうございます♪
古い形のお正月ですね。今では珍しくなってしまいました。
大変といえばそうなんですが、私の実家も同じ形のお正月なので、お正月はこんなものだと思いこまされています。このお正月しか知らないんです。いいのか悪いのか?(o^^o)
どうぞ今年もよろしくお願いします♪
くるんぱ
2008/01/05 22:07
のりりんさま
お正月の行事をきっちり、というよりも、こうするものだと小さい頃から育てられた(私の実家もこの形のお正月です)というか… 反対にずっとしてきていることを止める勇気もないのが現状です(^_^;)

ここに嫁いですぐは、2日はお仕事関係の人がご挨拶に沢山来られて大変でした。今は来られなくなりましたね。これも時代ですね。

にらみ鯛は、多分厄払いの意味があると思います。なんで鯛なのかよくわからへんのですけどね^^;
くるんぱ
2008/01/05 22:17
すごいですねぇ〜くるんぱさんちのお正月
感動しましたよ〜
いっぱい福がきそう(^_-)-☆
うちなんて おせちも 作んないし簡素なものですよ〜(~_~;)
ゴロゴロばかりしてたら 確実にブクブク....
(~_~;)
少しは くるんぱさんちを見習わなくっちゃね
mokoママ
2008/01/06 13:31
mokoママさま
凄いと言うより、古くさいお正月です。
お正月は面倒だと思いながらも、ずっとやってきていることなので止める勇気もないのです^^;
止めると、その年に何か悪いことが起こるのじゃないかとか思ったりして…

誤解してますよ〜! うちもおせちは作りませんよ。私は食べるのが専門ですから(^^ゞ
実家もここの家も商売なので、年末そこまで手が回らないです。だから、小さい時からおせちはお店にお願いしたものです。私はほとんど作ったこと無いです^^;
くるんぱ
2008/01/06 14:19
とーっても楽しい記事でした!!!

にらみ鯛の慣わし他全てにビックリです!!!

こんな風に和≠ェ残されているのを見ると
なんだかホッとします(笑)

我が家は、御節を買うことすらしないので、
子供たちには、買い物に行った時にあれが
お正月に食べる御節料理だよ≠ニ、じっくりと
頭にインプットさせているだけの駄目母ですぅ…。

最後の縮緬の風呂敷も何とも可愛らしくて♪

今年も京都のお話沢山聞かせてくださいね!!
サリルビまま
2008/01/07 09:50
サリルビままさま
タイムスリップしたようなお正月風景ですよね♪
にらみ鯛もおもしろいでしょう? 京都でも私の実家はしないんですよ。

おせちは私も作りませんよ。というか、いつもお店に作ってもらっていて、ほとんど作ったことがないので作れないです(-_-;)
食べるの専門です(^^ゞ
お風呂敷きは1枚あると便利ですね♪
くるんぱ
2008/01/07 14:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都のお正月 平凡な毎日☆でも楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる