平凡な毎日☆でも楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都 節分おもしろい風習 花街のおばけ 前編

<<   作成日時 : 2008/02/03 15:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

 2月3日は 節分ですね

 今日はディープな京都をご紹介したいと思います


 おばけです

 おばけの簡単な説明
 京阪地方にはかつて2月3日の節分の日に「おばけ」と
 呼ばれる風習がありました。

 男性は女装し、女性は男装する。
 あるいはお年寄りが振り袖を着ると言った具合に
 普段しない格好をします。

 昔は立春から年が明けると言われ、節分は大晦日のようなもの。
 年が変わると恵方も変わるというので、神様の大移動があります。
 この隙を狙って鬼(厄)が現れるので自分に憑かないように
 変装して鬼を化かします。これが「おばけ」です。

 かつては町衆の間で見られた文化でしたが、
 50年ほど前から急速にすたれてしまいました。

 花街にのみこの文化が残り、今でも2月3日にはお茶屋さんでは
 芸妓さん達の仮装が見られるそうですが、ほとんど知られてはいません。
 
 最近、この「おばけ」復活しようと言うことで
 仮装した人たちが「おばけ行列」をされていますが、
 
 今回はその知られていない花街のおばけをご紹介します
 
 
 花街のおばけの説明を簡単にしますと

 普段は舞妓さん、芸妓さんは決められた装いでしかお座敷には
 出られませんが、おばけの日だけ違う装いで出ても許されるのです。
 
 例えばお侍さんになったり、ドレスを着ても良いのです。
 
 そしてその装いで”おばけ”の時だけの舞をお座敷でされます。

 素人が舞妓や芸妓の格好をしてもこの日だけは許されます。


 
 娘がおばけをした時です(7年前)
画像

 本物の舞妓さんのようでしょう

 そうなのです
 本物の舞妓さんと同じようにしてもらいます。

 以前ご紹介した”変身舞妓さん”はいつでも、誰でも出来ますが、
 おばけは節分の時だけ、しかも、舞妓さんや芸妓さんの本物の
 衣装などをお借りします。

 細かく説明するときりがないですが、”変身舞妓さん”とは
 全く別の物です


 
 午前中に髪結いさん(美容院)へ
画像

 舞妓さんの髪の毛を結ってもらいます

 娘は高校生の時におばけをするつもりでいたので
 髪の毛を伸ばしていました

 ”変身舞妓さん”は、地毛ではなくカツラですね

 

 地毛で結うとそのものズバリになります
画像

 置屋さんの前です


画像

 綺麗に結ってもらっています


 着物を着せてもらいます
画像

 祇園は、お着物を”着せることを専門にしてられる人”にしてもらいます。
 この人は男の人です。
 他の花街は、女将さんが着せられる所もあったりでいろいろです。


 着付けも済み、本物の舞妓さんにもう少しお化粧をしてもらってます
画像

 本物の舞妓さんは18歳でした


 その気になって
画像



 立っている姿は
画像

 家に帰った時の物しか無くて…

 裾が汚れるといけないので、くくってもらいました


 お茶屋さんのお座敷で
画像

 おじいちゃん(義父)と先ほどの舞妓さん(お化粧して)とです。

 この日の義父は孫娘をあちこち連れ回してご機嫌さんでした


 夫と私は
画像

 この日は完全に黒子に徹して、娘と義父のお世話係でした
  (7年前なのでまだ若いです

 この時点で義父はもう出来上がっています

 この後もまだまだ楽しいおばけの夜は続きました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
今「おばけ」を母に読んで聞かせてたら、私振袖着なきゃ(^m^ )クスッ って言ってますよ 笑
こんな風習があるんですね。
くるんぱさんのブログにお邪魔するとへ〜へ〜の連発です。
7年前のお嬢様のおばけ、とっても素敵ですね。
でも、髪結いから着付け・・・結構お金もかかりそうですね。
でも一度舞妓さんに扮してみたい私ですが・・・・・
だるまさんに扮装した方が似合いそうですよ(^m^ )クスッ
今夜我が家でも豆巻きして恵方巻きを1本丸かじりします。
塩いわしを焼き焼きしてね(^^)
鬼は〜そと!福は〜うち!家内安全福多かれを願いたいものですね。
桃のママ
2008/02/03 17:17
お嬢さん、素敵!!とってもお似合いです。
本物だったら「売れっ子」間違い無し!!ですね。
「おばけ」っていうネーミングが少し毒があっていいですね。
京都ならではの粋な風習ですね♪
実は私、芸鼓さんに扮して御茶屋さんに上がった事ありです。
大学の時、今宮戎の福娘のその他大勢
(間違っても福娘ではないですよ!!)
になって、黒のお着物に赤い襦袢で街を歩き、籠にも乗りました。
夜は「大○屋」さんという御茶屋さんのお座敷で本物の芸鼓さんと
お酌したりしましたぁ〜〜楽しかったです!
私の場合は鬘でしたし、地味〜な着物でした。
この時の写真が「招き猫」みたいでガッカリしたんです。。。
やっぱり「舞妓」さんになってみたかったなぁ〜〜〜
くるんぱさんとパパのW舞妓さんも、みたいですぅ(^^)

小太郎ママ
2008/02/03 17:48
へぇ〜〜〜〜!!
またまた、知らない京都発見ですね。
くるんぱさんのブログ、タイトル変えた方がイイですよ。

おばけって、アノおばけじゃなくて
“化ける”って事でいいのかな??
お嬢さんの舞妓さん姿、とっても素敵です。
確かに、お金は掛かりそうですけど・・・。
お義父さんが連れまわす気持ち、分かりますって。

でもでも・・・。
くるんぱさん、黒子だったら“黒タイツ”着なくちゃ(笑)

↓変な質問、答えてくださってありがとうございます。
実はウチのお稲荷さんが放置状態になってて
くるんぱさん宅にあったら、供養の仕方を教えてもらおうかな・・・と。
ネットで調べてもマチマチだったんですよ。
すみませんでした。

あっ! ごぼう明太はささがきで大丈夫です。
まるごとサザエ。
2008/02/03 21:57
くるんぱさ〜ん♪お久しぶりです!
「おばけ」っていう風習があるんですね!節分の意味は、お寺とかで
聞いたことがありますが、さすが京都ですねぇ(^^
娘さん、ステキ!地毛で舞妓さんいいなぁ(*^^*) 
私もすごぉ〜〜〜〜く前の話ですが(^^;
変身舞妓さん、京都に行った時にやりましたぁ♪
かつらがきつかったのと、普段コンタクトをしているのですが、
お化粧するのにはずして、その後写真を撮るのにも入れさせて
もらえなかったので、写真が出来上がるまで自分がどんな姿なのか
わからなかった・・・っというのを覚えています(笑)
今日は関西風に、恵方巻きを頂きました(^^
あっ、でもちゃんとした方角を向いて無言で頂く・・・
というのはしませんでしたが(^^;
プリンママ
2008/02/03 22:11
おばけ≠ワた面白い風習ですね〜

男性が女装して…のくだりで、何となく
髭面の男性が女装してるところを想像して
しまいました(笑)

怖いもの見たさで、その写真も見てみたかった
ですニヤ(・∀・)ニヤ

お嬢さん、モザイクがかかっているとはいえ、
すご〜く美人さんですね♪

おじいちゃんが嬉しくて連れまわしたくなるのも
わかります(笑)

くるんぱさんの雰囲気も見れちゃった(7年前ですが)

ワタシも若いときに京都に訪れたときに、変身舞妓さん
のほうを
やっておけばよかったかな。。。

今やったら…(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ 
yucca
2008/02/04 02:50
京都生まれ京都育ちの私ですが、この「おばけ」は全く知りませんでした〜〜。
ほんと、くるんぱさん素敵な行事をご存知ですね〜。
お嬢さんの舞妓さん、と〜〜っても素敵です。
髪結いさんで結ってもらうなんて、憧れです〜。
変身舞妓さんとは全然違いますよね〜。わかる!わかる!
祇園で変身舞妓さんをカメラで撮ってる観光客さん達がたくさんいらっしゃるけど、本物の舞妓さんとはエライ違いですよね〜。あたりまえか〜(笑)。でも、変身舞妓さんをやってみたい気もする私が怖いし・・・^_^;
うちは上七軒の近くなので、昼間に日本髪にスッピンでお着物着てる舞妓さんによく会います。すごい素顔も綺麗なのでウットリしちゃいます〜。

お嬢さん、すごくいい思い出でしょうね!素敵です〜。
aya
2008/02/04 09:37
こんな綺麗な「おばけ」があって
いぃのかしら?
って思うくらいですね^^
近くにいながら
こんな風習があることにビックリしています。
日本髪は自分の髪で結うんですね!
そのために伸ばしていたお嬢さんも
かわいぃじゃないですか!
是非とも私も舞妓さんですね^^

いつも
色んな事を教えてくれるくるんぱさんって
いったいどんな物知りなんだろう?
っていうか京都っていったい
どんな町なんだろう?
っていつも以上に想像(妄想)が膨らんでくる
conなのでした〜
confiture^^
2008/02/04 10:30
本当に毎回びっくりです!
京都すごい!!京都の女の子は幸せですね!さくらママも昔舞妓さんに
なりたかったもん!「おばけ」になりた〜い!
お嬢様キレイ!素敵な子ですね。。パパはお嫁に出したくないでしょうね!

東京では最近京料理がはやってますよ!
おばんさいって何ですか?
さくらママ
2008/02/04 12:39
桃のママさま
そうそう、来年の節分には是非お振袖を母娘で着てください (o^^o)ふふっ♪
髪の毛を結ってもらうのも高いし、一日で潰してしまうので勿体ないですね。
それに皆さんには代金の他にご祝儀をお渡しするので大変でした(^_^;)
でも、おばけで舞妓さんをさせてもらうのはとても良い思い出になりました♪

豆まき、丸かじりうちもしましたよ〜(*^-゚)v 
1本を食べるとお腹ポンポンになりますね (^_-)
今年も無病息災でありますように!
くるんぱ
2008/02/04 16:54
小太郎ママさま
娘が本物の舞妓さんになたら、気の強いやんちゃな舞妓さんになってしまいますよ(´ヘ`;)

えべっさんの時に芸妓さんの姿で、籠に乗らはったんですか!?
すごい!! それって選ばれた人しか出来ないでしょう!!
小太郎ママさんはお目々が大きいべっぴんさんやから、とても綺麗やったでしょうね♪
写真見せて欲しいわ〜(*^-゚)
くるんぱ
2008/02/04 17:00
まるごとサザエ。さま
夫は男兄弟だけなので、義父が娘を猫可愛がりしています(^^;)
この日も大はしゃぎでいろんなお店へ行きまくってました。
飲み助の義父はベロベロでしたよ(^^;)
”おばけ”は化けるからですね。たまに親父のオバケもいますが(*≧m≦*)ププッ

このときにサザエ。さん知ってたら、例の全身黒タイツ貸してらえたのに…*(^ω^@) ブハッ

お稲荷さんのことよくわからないので、参考になればと思ってサザエ。さんの方にアドレス貼っておきました。
くるんぱ
2008/02/04 17:09
プリンママさま
プリンママさんお久しぶり〜!
変身舞妓さんしたありますか?楽しかったでしょ?
白塗りしていくと、だんだんと顔が変わっていきますよね。
そして街を歩くとみんなから注目されるし。
もう一度やりたくなるような快感でしょ?(*^-゚)vィェィ♪

恵方巻きを食べましたか?
最近は全国でされているようですね♪

くるんぱ
2008/02/04 17:15
yuccaさま
何とも粋な京都らしい風習でしょ (*^-^*)
娘はモザイクがあるからで、無いと… とても、とても…(-_-;)

変身舞妓さん、楽しいですよ!
こないだ物凄く年配の方を見ましたよ。
yuccaさんはまだまだ若い!! 
今度京都へ来られたら是非チャレンジしてください。
とっても良い思い出になりますよ v(*'-^*)ゞ
くるんぱ
2008/02/04 17:21
ayaさま
”花街のおばけ”は京都でも知っているいる人の方が少ないと思いますよ。
特殊だと思います。

変身舞妓さんはおもしろそうですよね♪
地元の人が見るとすぐにわかるけど、地方の人は本物の舞妓さんだと思わはるみたいやね (o^^o)ふふっ♪
ayaさんはまだ若いから舞妓さんやらはったら?
きっと良い思い出になりますよ♪
くるんぱ
2008/02/04 17:28
今回もまた楽しく読ませていただきました!
京都はやっぱり昔ながらの日本の習慣が残っているのですね。
恵方巻きを食べる習慣もここ数年で関東地方に広まってきたんですよ。
実際、私も全然知らなかったし。
地方地方で色々ある習慣、とても興味深いです!
くるんぱさんのような方がこれからもどんどんこのような素敵な習慣を広めていってそして残して欲しいと思います。
娘さんのまいこさん姿、素敵!
青いお着物もいいですねぇ。うっとり☆
まみぞう
2008/02/04 17:39
confiture^^さま
”おばけ”という名前もおもしろいでしょ♪
髪の毛は結ってもらうのに時間かかるんですよ。
同じなら地毛でやって、本物の舞妓さんになりきる方が楽しいですねσ(゚ー^*)
confiture^^さんも京都に来られたら変身舞妓さんしてください。
きっと楽しくて、良い思い出になりますよ♪

うちは仕事の関係上知っているだけです(^^ゞ
ただ京都は知れば知る程おもしろい街ですよ (o^^o)♪
くるんぱ
2008/02/04 17:43
さくらママさま
”おばけ”の舞妓さんは、また来年まで無理やけど、変身舞妓さんなら京都に来られたらいつでも出来ますよ。
是非是非さくらママさんも舞妓さんに変身してください。楽しいですよ〜♪

”おばんざい”お総菜のことです。
京都では普通の家庭料理のことを”おばんざい”というんですよ。
例えば“お芋の炊いたん””お菜っ葉の炊いたん”“お豆腐とおあげさん(油揚げ)の炊いたん“とかやね (^_-)-☆
くるんぱ
2008/02/04 18:18
まみぞうさま
恵方巻きを食べる習慣は最近全国に広がりましたね。
その土地によっていろんな風習や習慣があって、知るとその土地の特徴があっておもしろいですね。
京都は何もかもが独特ですね〜 (=^m^)

娘が着せて頂いたお着物は、本物の舞妓さんのお衣装なんですよ。
“汚したらあかんよ!”と着ている時、私は必死でした*(^ω^@)
くるんぱ
2008/02/04 18:23
う〜ん、脳裏の片隅に「おばけ」なるものが微かに浮かびます。
言葉としては「おばけやから、髪を結ってはんねん」と云う感じの言葉。
記憶では銭湯へ行った時、高島田(確かそう云っていた)を結ってはる人を珍しくって見た時の母の言葉だったように思います。
う〜ん、でも分からない、何かと記憶が交差してるかも、、、、、
だって50年近く前の記憶だも〜ん>それが何か?・爆。
何時も楽しい風習や慣わしにビックリしたり感心したりです。
pearl
2008/02/04 21:30
pearlさま
”おばけ”をご存じでしたか?
京都でも知らない人の方が多いですよ〜(*゚ロ゚)!!
以前はもっと”おばけ”してられたようですね。
今では花街のごく一部にで、粋な遊びのような事として残っていますね (*^-^*)
京都らしいですね♪
くるんぱ
2008/02/05 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都 節分おもしろい風習 花街のおばけ 前編 平凡な毎日☆でも楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる