平凡な毎日☆でも楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS ペットの治療費

<<   作成日時 : 2008/08/25 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

 皆様からの暖かいお言葉ありがとうございました

 今回の決断は、後悔はせずに前だけを向いていこうと決心しましたが、
 その反面、実のところ内心は複雑なところもありました。
 頭の片隅には可哀想なことをしたと思う気持ちがどうしてもあり、
 すっきりしない日々を送っていましたが、
 皆様から励まして頂いて気持ちが楽になりました。

 ブログの方も無理をせず気楽にマイペースで、
 マロンやクルミとの時間を大切にしながら続けていこうと思います。

 ありがとうございました
 
 おかげさまでマロンも元気になり、
  穏やかな毎日を過ごせるようになりました
 
 かけがえのない家族のマロンやクルミと
  平凡に暮らせる幸せをしみじみ感じる毎日です


 最近のマロンです
画像

 調子が悪い時はボール遊びもしませんでしたが復活しました

 絶好調です

 ナイスキャッチ〜
画像


 
 もう1人 忘れてはいけない我が家の元気な天使
画像



 

 今日は我が家の初体験の治療費についてお知らせしたいと思います

 ペットの治療費は高いとよく聞きますね

 大きな病気の経験が無かったうちでは初めての事で、
 予想はしていましたが、やはり高額でした

 
 高額の治療や検査等でも事前にわかっている場合は
 落ち着いて先生に詳しいことを聞けますが
 緊急の時はそんな余裕も無くなってしまいます

 そこらへんが入院経験のない方は気になるところでしょうから
 あっては困ることですが、参考になればと思いますので報告しますね

 
 今回はいつも診て頂いている獣医さんが休診で、しかも
 軽い気持ちで診てもらうだけだったので、
 かかりつけの獣医さんでは無い先生にお世話になりました。
 
 近くで日曜日に診て頂ける獣医さんが数ある中で
 一番評判の良い先生のところへ行きました。

 獣医さんの診療代はバラバラですよね。
 同じ病気でも高いところもあれば安いところもあります。

 お世話になった獣医さんは設備も整っていて、
 料金的には多分標準だと思います。

 
 さてさて、医療費ですが4日間の入院と退院後の通院治療で
 格安ツアーではない、直行便利用のヨーロッパ旅行ぐらいでしょうか 

 初日の検査代、血液検査(CBC+生化学)、パルボチェック、
 X線検査、超音波断層検査等とお薬代だけで50,000円ちょっと。

 2日目以降も検査とお薬は毎日で、回復するにつれ検査、お薬も減ってきましたが
 それなりの金額です
 
 その他に手術料(試験開腹+子宮卵巣摘出)、麻酔料、入院費等々、
 そして退院後の今日までのお薬代、検査代等です。

 
 マロンの入院を近所のワンコ友達と話していたら、
 そこのお宅の猫ちゃんが小さい頃、相当酷い骨折をして、
 同じ先生にお世話になったそうですが
 大阪の方の大きな病院まで連れて行ってもらって手術をしてもらい
 1ヶ月入院して約50万円だったそうです。

 私はそれを聞いて”ひぇっ〜〜”と驚きましたが、
 その人がマロンの4日間の入院代を聞いて、
 ”自分のところは1ヶ月も入院して50万円やったのに
   4日間で ◯◯円か!うちはそれを考えるとエライ安かったな〜!
   良かった!良かった!”と喜んでられました

 まぁ〜 確かに4日間の入院と1ヶ月の入院なので
 単純に考えれば4日間の7〜8倍でもおかしくないですけどね〜
 でもね〜 そういうものでもないし〜

 な〜んかわかるような、わからないようなでしたが、
 その人は幸せな考え方の出来る人やな〜と感心しました

 
 
 ペットの医療費については、普通の時なら先生にお尋ねできますね。
 でもマロンのように緊急となると、助けてもらいたい気持ちのみで 
 費用のことなどその時は、ポンッ!と飛んでしまいます

 今回のマロンは、たまたま4日間の入院だけで済みましたが、
 それでも正直言って
 
 例えば長引くこともあり得るし、高額な治療を要する時もあります。

 そこで、いつも犬のことを相談する人にアドバイスを頂きました。

 緊急の時でも、先生がおっしゃっる治療をしたら
 費用がどれくらいかかるのか聞きなさいと言われました。

 緊急であったとしても、命に関わる時だったとしても、
 聞くのは決して恥ずかしくないことだとよと言われました

 そこで自分がしてあげられる範囲ならお願いすればいいし、
 もし無理ならば、違う治療方法を言ってもらって
 自分がしてあげられる事をお願いするのもひとつの方法だと。

 飼い主がしてあげられることを勝手にお医者さんが決めるのじゃなく、
 飼い主自身が責任を持って決める事が大事だよと教えてもらいました。

 そして説明をしっかり聞いて、納得をしてから治療を初めてもらうようにと。

 命は決してお金に関係するものではないです。
 どんな事をしてでも助けてあげたいと思う気持ちは皆同じです。
 でもイイ格好をしないで本音の正直な気持ちをいうと、
 自分がしてあげられる許容範囲もありますね。

 高額な治療をしても、その時だけで完治するならそれも良いですが、
 その場だけ無理をしても後の治療が続けられなければ
 どうにもならない時もありますね。

 「何でもしてください!おまかせします!」と言ってお願いしても、
 後でビックリする金額を請求されたって事を聞いたりしますよね。

 獣医さんの医療費がそれぞれ違うのを理解した上で、
 いろんな事を詳しく 聞いて当たり前だし、
 セカンドオピニオンも当たり前といわれました。
 
 いざとなったらそんな余裕もなくなってしまいますが
 私の経験が何かのお役に立てば嬉しいです

 
 
 今まで病気とは無縁だったので保険に加入していませんでしたが
 やっぱり加入しておくべきだったかなと思っています。

 マロンはもうダメと諦めていますがクルミにです。

 加入するかどうか資料を取り寄せてただ今検討中です

  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり生死をかけた緊急手術となったら、冷静に
なんて考えられないですものね(´口`)↓↓
お願いしてしまいますよね!!

私の友達が若い頃、飼っている猫ちゃんが事故に遭い緊急手術
となり請求金額を見て『一度に支払えないので分割にして欲しい』
と申し出たところ応じてくれたそうです(笑)

でも、その友達が飼っている(別の)猫ちゃんが最近虹の橋を渡って
しまったのですが、亡くなる前の治療時レントゲンを撮ったときに
『ちょっと映りが悪いからもう一枚撮っておくか』…などと言って、
何枚か撮ったのですが、請求書にはその失敗したレントゲンの枚数
もしっかりカウントされていたそうです(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ 
実は同じ獣医さんだそうです(笑)

保険には入らず、うちの仔貯金をしているとか、5歳過ぎたら加入しようと
思う…という意見もありました!!
何かあってからでは遅い…と、すぐにでも入ったほうがいいという意見も
あるし、、、サリたんの膝の手術もあるかもしれないので、私も真剣に検討
したほうがいいですよね...
yucca
2008/08/25 22:34
ま〜ともあれ元気なマロンちゃんになったのだから・・・といいたいけれど、現実かなりのそれも突然の出費は痛いですよね。
予想がつくなら積み立てもできるんだけど、、病気の時はそれが出来ませんから。といっていくらですと金額を提示されてやめますともいえませんから。
ふと、昔爺ちゃんが言っていた言葉
金持ちは助かるけど貧乏人は助からん!思い出しちゃいました。

保険もいろいろあるようです。特に小さな字で書かれた部分、かなり落とし穴だからパンフレットよく読んでくださいね。
桃も骨折や今までの病気治療費考えただけでもぞっとします。
でも今も一緒にいれることが、お金には換算できないってことですもんね。

病院によっても治療費はちがうけど、桃のかかりつけの獣医さんはかなり安いみたいですね。
骨折に何十枚ってレントゲンとったけど、1枚の5000円の請求だけでした。
ありがたや〜〜〜
桃のママ
2008/08/26 00:12
動物の治療費は飼い主の永遠の課題ですよね。
同じ動物でありながら、風雨の当たる外飼いもいれば、ぬくぬくとストーブの前を陣取ってる子達も居る。そこでもう既に差が付いている。

まして高額な治療費となれば、、、飼い主が皆同じ選択を出来るとは思えない。
我が家の海(5歳、ミックス・♂)も腹痛の為に大学病院の内視鏡検査を受け、組織検査・血液検査・2週間のお薬でほぼ8万円程。
今は此のお金も出せたけど、老後二人の年金生活で高齢犬に数十万必要な治療をする事が出来るか?正直なところ解りません。

最近思うことは、他のお家はさておいて、我が家の子達に自分達が出来る範囲で一緒に暮らせればと思っています。
そこに生まれし性、そこに貰われし運命と、自分も此の子たちにも諦めてもらおうと思っています。
やれる事だけはして上げたいと思っています。

pearl
2008/08/26 09:18
病院代ってほんと、高いですよね。
ある意味「言い値」ですもんね。
同じお薬でも、病院で全然違いますしね。
でも、病院の難しいところはお金の問題だけじゃないトコですよね。

先生との相性みたいなのもありますし。
設備が最新でも先生に信頼が置けないと嫌ですし。

先生も神様じゃないので、対等でありたいなと思います。
私は先生のやり方、説明に納得できず、病院を変えた事があります。
良かったと思ってます。
自分の大切な子を「この先生なら」と思える事が一番ですね。




小太郎ママ
2008/08/26 15:32
ペットの病院代 本当に高くてビックリしますよね
我が家もラマの治療費、すでに新車の軽自動車が1台買えるくらいかかっています。。。
保険選びも大変ですよね・・・
けっこう全額出ないとか、年に何回までとか制限のある保険が多くないですか?
なので、結局 保険をかけても保険代をトータルで考えると悩んでしまいます
でも私はペットを飼うということ=病気がつきもの と最近は考えるようになりました
毎日元気で過ごせることの方が奇跡で幸せなことなんだと。
だから 毎日ラマと一緒に過ごせている今に感謝しながら生活しています!
po-ra
2008/08/26 16:28
病院代高いですよね。
でも急だときっとお金なんて考えられず「治してほしい!」との思いだえでしょうね。
いつまでもこの子は元気、なんて気持ちでいますが、いろいろ考えなくてはなりませんね。。。

私の友人は骨折して、急にope、入院1週間で、15万だったそうです。
多分かなり安めだと思います。このあたりでは安くて有名です。
でも骨折が分かるまで数日。。。(最初誤診だったので)
先生も毎回違う。
領収書が出ない。
それを主人が「きちんとしてないから嫌だ」と言って多少お金はかかるけど、きちんとしてるところへ行っています。
話はそれましたが、マロンちゃんが元気になってきてる姿が見れて安心しました。
Sachi**
2008/08/26 21:59
マロンちゃんの元気な姿を見られて良かったです^^
このまま順調にいつまでも元気でいてくれるのが
何よりの幸せですよね!
ペット保険の事、とても参考になりました。
入院などするととても高額な費用がいるのを
よく聞くので私も気にはなっていたのですが
5歳位になってから加入しようかとも思って
います。くるんぱさんが良いと思われた保険会社を
また参考にさせてもらいます^^

PS.ワクチンはどれ位のものを接種すればいいのでしょうね?
確かに数が多くなるほど負担もかかり心配です。
以前にくるんぱさんがコメントでマロンちゃんの
事を書いて下さっていたので、私も心配はありました・・・
でも1日経ち変化がないので大丈夫だったようです。
いつもくるんぱさんの記事やコメントは本当に
勉強になります。いつもありがとうございます♪
ちぃ
2008/08/26 22:37
yuccaさま
緊急の時でも冷静でいられるようにならないといけませんね
私など完全にパニックなり、手術するか、しないかの決断をするだけで精一杯でした(^_^;)

うちも緊急だったのでその時はなんも考えられませんでしたが、少し落ち着いてから治療費に気が付き、明細書をもらうまでビビリましたよ(^^ゞ

良いお医者さんに巡り会うのは難しいですね。
高ければ良いという訳ではないし…
獣医さんだけは治療費が決まっていないだけに、失敗したのにまで払わされても文句の言いようがないですね(o´_`o)
先生のお人柄によっても違うのでしょうね。

保険は今考えてますが、…?ですね。
若い子なら掛け金も安いので良いですが、1年契約で年齢と共に高くなってきます。
いくつぐらいで病気になるかによっても変わってくるし、病気せずに元気でいられるかもわからないし… う〜ん難しいです(-_-;)

でもサリたんが、もし手術をという可能性があるなら、一定範囲で全額負担してもらえるものに加入しておく方がいいかもわかりませんね。
くるんぱ
2008/08/27 15:00
桃のママさま
本当です!何よりもマロンが元気になってくれたのが嬉しいです♪
でも勝手なもので(特に私は) 元気になってきたら改めてワンコの治療費は高いなぁと思いました(^^;)
でも私達に幸せをいっぱい運んできてくれてるのだから、出来る限りのことはしてあげたいです。

保険も…ですね。毎月貯金しておくのが良いような気がしますね〜

桃ちゃんも小さい時に骨折されて大変でしたね。
でも元気になって一緒にいられることが幸せですよね♪

してあげられることには限度がありますが、自分たちで出来る限りのことはして長生きしてもらいたいですね♪

何枚もレントゲンを撮って、1枚分だけの請求しかされない先生は良心的なかたですね。
そんな先生ばっかりだったらいいのになぁ (^-^)
くるんぱ
2008/08/27 15:24
pearlさま
人間もそうですが、ペットの世界でも格差はあるようですね。
気持ちとしてはどんなことでもしてあげたいと思いますが、実際は何処までしてあげられるかと思ってしまいます。

聞いた話、高齢犬の治療に点滴をされたそうですが、1回が約1万円で、約2ヶ月間毎日されたそうです。
考えさせられます…(-_-;)

私も自分たちの出来る範囲で、出来る限りのことをしてあげて、少しでも長く一緒に暮らせればいいと思っています♪
くるんぱ
2008/08/27 15:35
小太郎ママさま
初めての病気が入院で、聞いてはいたけど、改めて高いなぁと思いました(^_^;)

確かに先生との相性はありますね。
大事な我が子の命を預ける訳ですから、まず先生を信頼出来るかどうかが大事です。

それと今回の経験で ”家と近い”も大事な事だと思いました。

こないだまでお世話になっていた先生はとても良い先生でしたが、車で30分位の所でした。
その為についつい行くのも億劫になっていたところもありました(^^;)
入院、毎日の通院となると近いのがいいですね♪

小太郎ちゃんは良い先生と巡り会えて良かったですね♪
くるんぱ
2008/08/27 15:47
po-raさま
ラマちゃんの治療費はもの凄いでしょうね!
それにいつも高速を使っての通院やから、その分も要るし時間もかかりますよね。

保険は… 高齢になると掛け金も高くなるし…
それこそ毎月決まった金額を、ワンコ貯金した方がいいような気もしますね。

生きていればどこか悪くなっても仕方ないです。でもそれを私達が見つけてあげられるかどうかでそのコの人(犬)生が大きく変わってきますよね。
幸せをいっぱい運んできてくれるのやから、出来る限りのことはしてあげて長生きして欲しいですね♪
くるんぱ
2008/08/27 16:08
Sachi**さま
マロンもクルミも幸いなことに病気をせずに今日まで来たので、安心しきっていたところもあります(^^;)
でも生きているのやから調子が悪い時があって当たり前ですよね。
それに改めて気付きました(^^)

お医者さんはキチンとしたとこがいいです! 
最初見て頂いていたお医者さんはちょっと??だったんですが、予防接種ぐらいだったので通っていました。
でもマロンの妊娠(正確には出産2週間前位)の時に変えました。

おかげで6匹みんなが元気に生まれてくれたと先生に感謝しています。
その後も良くして頂きました。

ワンコの出産は楽と言われたりしますがそんなことないです。
出産前も出産後も先生にはお世話になることが多いです。
キチンとした先生が何よりです!
くるんぱ
2008/08/27 16:26
ちぃさま
はい、おかげさまでマロンは元気になってボール遊びも復活です (^-^)v
可愛い我が子とはいつまでも一緒にいたいですね♪

保険は1年契約で、高齢になる程掛け金が上がります。
5歳位で年間3〜4万円位でしょうか。10歳位ならそれが4〜5万円になるようです。
もし5歳に加入して10歳まで健康でいたら、30万円近くを払うだけになると思います。
もし使うようなことになれば入っていて良かった!となりますが、◯十万もかかるような事はそうそう無いとも思えるし… 難しいところですね。
うちは加入したと思ってワンコ貯金をするのが良いかな…と思ったりしています。

ワクチン、マロンは以前震えて、腰が抜けたみたいになったので、今は6種です。
知っている子は6種でも調子が悪くなるらしいです。

ティナちゃんは8種をしても大丈夫なのだったらその方がよいのでは?
副作用が出てまでする事ではないと思いますが、問題ないのなら病気を予防するのは大事だと思います。
くるんぱ
2008/08/27 17:18
ああ〜よかったぁ〜
こんなに元気になってヾ(=^▽^=)ノ
保険の加入〜こんなことがあると
考えますよね。(特に2頭になってからは・・・)
くるんぱさんの考えと同じ気持ちです。
ワタシ的には あまり人間が手を加えすぎる
治療は返ってワンコの気持ちを思うと
良くないような気もします。
ワンコは、治療の意味が
わからないですからね〜(^_^;)
のりりん
2008/08/29 08:17
のりりんさま
はい!おかげさまで元気になりました (^-^)v
2ワンいると楽しいこともいっぱいありますが、しんどいところもありますね(^^;)
元気でいてくれたとしても必ず2倍は必要だし、もし病気をしたら予想出来ない金額が必要になってきますね。

何をしてでもと思う気持ちは皆同じですが、愛犬の事を一番よく知っているのは飼い主ですから、愛犬に負担がかからないような最善の治療法を、飼い主自身が決めてしてあげたいですね。
くるんぱ
2008/08/30 10:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペットの治療費 平凡な毎日☆でも楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる