平凡な毎日☆でも楽しい

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都 おもしろい厄よけ

<<   作成日時 : 2008/01/29 11:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 26

 もうすぐ節分ですね

 皆さんは厄年って気にしますか

 大厄は数え年で 男 42歳  女 33歳です

 一般的には神社仏閣へお参りに行き
 厄払い、厄除けのご祈祷などをしてもらいますね


 
 女の人は、厄年の時に”七色の物”とか、”うろこ柄”の物を持つと
 厄除けになるといわれています

 本来は”七色”とか”うろこ柄”の身につける
 ”長い物”が良いとされています

 例えば帯、帯締め、帯揚げ、伊達〆、腰ひも等です
画像


 最近はお着物を着る機会が少ないので
 今では”長い物”が省略されて、”七色の小物”になっています

 財布、小銭入れ、ポーチ、ストラップ、キーホルダーなどが売っています。

 ここで重要なことが

 もし七色の物を持つ場合、必ず年上の女性からもらってください

 自分で買ったり、違う人からはもらわないでください

 何故かは知りませんが、そう伝えられています



 さて、ここからがおもしろい厄除けです

 この厄除けは京都でもごく一部の人しか知らない厄除けです

 男女共大厄の節分の日に”おぜんざい”を振る舞います

 男は100人、女は33人です

 何故”おぜんざい”なのか
 男は100人で、女は33人なのか
 つっこまないでくださいね

 ”おぜんざい”をたくさんの人に食べてもらって
  厄払いをするという風習です

 私の知り合いの女性は、厄年の時に33人に来てもらって
 ”おぜんざい”を振る舞われました

 その時招かれる人は厄よけになるプレゼントを持って行き
 ”おぜんざい”をよばれたらさっさっとおいとまします(帰る)

 この風習を知っている人同士ならそれも出来ますが
 知らない人が多いので実際は大変ですよね

 そこで今では”おぜんざい”を振る舞う変わりに
 ”小豆のお菓子”をもらってもらいます

 例えば、甘納豆、、濡れ納豆のように小豆だけで出来ているお菓子です。

 
画像

 夫が42歳の時にお配りした物です。
 100人にもらってもらいました。

 私も33歳の時にしました。

 お菓子屋さんへお願いしに行くと、数は少ないものの
 毎年2〜3件は依頼があるそうで、
 のし紙の書き方も教えてくださいました

 ”厄除 内祝” そしてフルネームです。

 節分の日だけで、100人にもらってもらうのは大変でした
 (自分で手渡ししなければいけません)

 この厄よけのお陰かどうかは確かでないけど、
 大厄の年は、特に大きな災いもなく何とか無事に過ごせました
 
 
 やると良いと言われていることは、何でもやりたいくるんぱ一家です

 
 興味のある方はお試しください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
冷たい雨ばかりですね。。。
小太郎もお散歩に行けないし、寝てばかりです。

おぜんざいを振舞うって初めて聞きました。
33人も大変ですが、100人なんて〜〜〜〜
大変な行事ですが、厄が落ちそうですね
さて、無事?大厄の年齢を越えている小太郎家ですが
厄神さんにお参りに行きました。
七色の物も母から?おばかな??貰ったような。。。
昨日の事もすぐ、忘れちゃう昨今、うろ覚えが多いのです。
でも、縁起がいいって言われるとやりたくなりますね!!
節分の丸かぶりも豆まきも必ずしますよ〜

豆まきというと、お友達のご主人の実家の方では
寸劇のような台詞と踊り付きらしいんです。お姑さんの指示のもと
やった豆まきを再現してくれたんですが爆笑しました!
お姑さんは真剣、怖くて逆らえなかった〜て言ってました(^^)
笑ってはいけないですが、かなりのものでしたよ!
また、見たいな〜  土地土地の伝統文化って面白いですよね♪

ブログのお友達の皆さんも各地にいらっしゃるから
知らない「豆まき」あるかも!ですね。







小太郎ママ
2008/01/29 12:56
私も厄除け寺で厄払いはしましたが、おぜんざいを振舞うのは知りませんでした〜!
今は豆菓子を配るのですね。。旦那さんの厄払いにはこれやってみようかなぁぁ。。
でも100人も知り合いいるかしら〜(汗)
7色の小物が厄払いになるていうのも知りませんでした〜。。
私の周りでは親に身につける長い物を買ってもらうと良い。。ってことで、
昔は帯だったけど、今は着ることがあまりないからって友達なんかはみんなネックレスを買ってもらってつけてました^^
七色のストラップかぁぁ。。私も厄除けグッズとかいってビーズで作って販売しちゃおうかな(笑)
ハルヒ
2008/01/29 15:29
えっ!!さくらママまた一つ物知りになりましたぁ〜
義兄、京都なのに何にも知らないんだよぉぉ〜
勉強になった!
100人に配るの至難の業ですね。。でもこの風習って今の日本!特に東京には
必要かも。。だって近所付き合いとかまったくないし、こんなステキな風習が
きちんと広がって伝授されてば嫌な事件とかも減るのにね。
伝統、風習を大切にしている、くるんぱさん大好きです!
さくらママ
2008/01/29 17:51
私も古い人間っていわれるけど、昔からのしきたりは重んじる方です。
ちょうど今年パパは男の大厄なんです。
厄払いをして、外で食事して、何か長い物を・・・・と思っています。
京都の小豆の内祝いはしりませんでした。
さすが古都だけあって古いしきたりがあるんですね。
昔から続いてることですから若い世代にもひきついで欲しいですね。
ん〜〜100人は無理かも。笑
桃のママ
2008/01/29 19:27
大変な厄除けの風習ですね!
このことこそが厄そのもののような気がして!笑!
100人って・・・街角に立って配るのではダメなのですか〜?
私は厄を気にするほうなので、あえて無視してますヾ(ーー )
スミマセン、、、しきたりも何もわからない凡人なもので〜
のりりん
2008/01/29 19:37
小太郎ママさま
毎日鬱陶しいですね。早く晴れて欲しいです♪
おぜんざいを振る舞うのはおもしろいでしょう。
これはごく一部の人しか知らないですが、
知ってしまうとやらなくちゃいけないような気がして
お菓子をお配りしたんですよ (^-^)
もう随分前になりますけどね (^m^ )クスッ

お友達の豆まきおもしろいですね〜
想像しただけで笑ってしまいます (o^^o)
やりたくないし、照れるし、恥ずかしいし、かといって、
それを口にしてしまうと気まずくなるし… (-"-;)
お嫁さんとしては辛い所ですよね。
私も見たいわ〜σ(゚ー^*)
くるんぱ
2008/01/29 21:08
ハルヒさま
京都でもおぜんざいのことを知っている人は少ないですよ^^;
身につける長い物は良いみたいですね♪
京都だけかしら? この時期になると呉服屋さんでは
七色やうろこ柄の物が目立つ所に置かれます。
そしてデパートや小物を売るお店では、
財布等の小物が目立つ所に並びます♪

ビーズで”七色のストラップ”。
それgood!! 売れますよ (*^-゚)v
くるんぱ
2008/01/29 21:17
さくらママさま
おぜんざいは京都でも知ってる人の方が少ないのよ!
夫がお配りした時も、知っている人は2〜3人しかいはらへんかったくらい珍しい風習やから… (^_-)
一日で、しかも自分の手で100人に配るのは大変でしたよ(^_^;)

伝統、風習を大事に!というよりも、何でも知ってしまうと、やらないといけないような気がして、やっているだけです〜(^^ゞ
ただただ古い人間なのです (^。^;;
くるんぱ
2008/01/29 21:25
桃のママさま
パパさんは今年大厄ですか。
今年一年何事もなく無事に過ごせますように…!

おぜんざいの風習は本当に珍しいです。
おぜんざいを振る舞った友人は芸妓さんなんですよ♪
花街では今でもされる人があるようですね (^_-)-☆ピカッ

100人にお配りする時は、この風習を知らない人の方が多いので、渡す度に説明しないといけないので大変でした(^^ゞ
くるんぱ
2008/01/29 21:37
のりりんさま
大変といえば大変ですね〜 (^。^;
大変やから厄払い出来るのかもね?

その昔は家の前にお鍋を置いて、道行く人に”厄よけのおぜんざいどうぞ”と言って食べてもらったそうです♪
街角に立って配ってももちろんOKですが、同じなら知っている人にと思うと
100人はきついですね (^。^;

こういう事って、したからどうの、しなかったからどうのという事じゃないですね。うちはどちらかと言えばこだわってしまう方なんですよ(^^;)
類は友を〜で私の回りには同じような人が多く、年のわりには?”おばあちゃんの知恵袋”的な古い人間が多いです〜(^^ゞ

くるんぱ
2008/01/29 22:03
色々あるのですね。
前住んでいた所ではちゃんと神主さんがいらっしゃったのですが、ここではいつ行っても誰もおらず、遠い神社に行ったら混み過ぎて、なかなか。ってことはここ最近はしてないんですよね。。。
行かなくてはなぁ。。。
桜星ママ
2008/01/29 22:15
手渡しで100名は大変ですねヾ(;´▽`A``アセアセ!!

ワタシのときには、親戚の人に(何か忘れましたが)
和菓子を持っていったのを覚えています!!

まるで気にしないほうですが、両親に言われるがままに
やったことを思い出しました(笑)

気にしない人でも、振り返ると厄年で大病をしたとか
事故にあったとか…聞いたりしますよね!!

きっと男性も女性も調度本厄の頃に今まで生きてきた分の
疲れが出る時期なのでしょうね!


yucca
2008/01/30 06:18
いやぁ〜勉強になりました!
私ももうすぐ厄年・・・・おぜんざいの用意、用意〜!って・・・嘘です・・・とっくに厄年は終わってます・・・・^_^;

ほんと、くるんぱさんは京都の宝だわぁ〜!
aya
2008/01/30 11:24
へ〜!!
厄払いっていろんなやり方があるのね!!
はっちん家の方はオーソドックスな神社で厄払いですね〜。
何か物を持ったりってのは簡単に出来そうですが、
100人もの人に配るってのは、大変そうですね〜。
街角でティッシュ配るみたいに、知らない人にも配るんですか?
はっち
2008/01/30 12:09
桜星ママさま
その土地によっていろんな方法があるようですね。
神社にお参りに行くのが一番いいですね♪
他にもたくさんお願い事してねっ !(^_-)-☆

くるんぱ
2008/01/30 14:39
yuccaさま
本当に100人は大変でした〜 (^。^;;
大厄って、疲れもあるだろうし、
親も病気をするような年だから気を付けるように!と
いうことなのでしょうね (^-^)

私は小さい頃からいろいろと教え込まれて、
やらないといけないような気持ちでやっていますねσ(゚ー^*)
どっちかっていうとこだわるの好きなもので…(^^ゞ
くるんぱ
2008/01/30 14:49
ayaさま
京都でも初耳でしょう?知らない人の方が多いです。
今でも花街の方はしている方があるとか…
古いことなら任せください! (^m^ )クスッ
くるんぱ
2008/01/30 14:52
はっちさま
おもしろい厄よけでしょう。
100人に配るだけでも大変なことやから、苦労すると言うことで厄払いできそうでしょ (o^^o)ふふっ♪
街角で配ってもいいですが、同じなら知っている人にと思って配ったので思う以上大変でした(o´_`o)
くるんぱ
2008/01/30 14:58
女の人は 七色の小物ですかぁ
知らなかったわ 年上の方からね!
今度 プレゼントしてみようかしら
もちろん年下の女の子に o((=^エ^=))o
それにしても100人に振舞うのは
大変ですね〜
親戚 ご近所 仕事関係う〜〜〜ん
すごいわ
mokoママ
2008/01/30 17:05
ひょえ〜〜〜!
33人とか100人とか、
近所や友達が少ない我が家じゃ到底無理です。
それをやってしまう、くるんぱさんご一家もスゴイ・・・。

厄除けって、節分までにって言いますよね?
サザエもやりましたよぉ〜!
神社に行っただけですけど(笑)

それから毎年、その神社から“お布施振込用紙”
と“祈祷祈願申込書”みたいなのが送られてきます。

振込みって何だよ!!!
って突っ込みたくなりました(爆)

でも、あれって“数え年”で書いてあるから
見た瞬間ガッカリしちゃいませんか?
どうせなら若く設定しておけば良いのに。 なんてね。
まるごとサザエ。
2008/01/30 22:38
私、今年が前厄なんです。。。
母に「年上女性からもらうんだって!」って言ったらじゃぁ七色のブレスレット作ってあげる」なんて言われてしまいました(^^;)
(母の趣味のガラス細工で・・・)

祖母が法事に甘納豆を用意してましたが、なにか関係あるのかなぁ??
po-ra
2008/01/30 23:40
本当に色々と歳時にお詳しいくるんぱさん!
この時だけは近所に居たかった・爆。
小豆系、大、大、大好き〜♪です。
突っ込まないけど、、、、、七色の小物って素敵ですね。
娘婿が来年厄年だから今から七色の腹巻でも編もうかしら?^m^
pearl
2008/01/31 14:20
mokoママさま
厄年の女性には七色の小物はイイですよ。
お得意のビーズで何か作ってプレゼントされたら喜ばれますよ(*^-゚)v

親戚、友人、取引先の会社、近所…あらゆる所にお配りしました。もう、大変でした。その大変さが厄払いになったのかな?
くるんぱ
2008/01/31 15:50
まるごとサザエ。さま
お配りするの大変でしたよ^^;
私の時は友人とか子供のお友達のお家にお配りしました。
主人は取引先の会社何軒かにお配りしたんですよ。

毎年神社から振込用紙が送られてくるって、
商魂たくましい神社さんですねw(゚o゚*)w!? 
最近はお寺も神社も、お商売人さんみたいな所ありますね。

私も数え年大嫌いです!! 若い時は良かったけど、
今では髪の毛が逆立ってびっくりする程
おばはんの歳になってしまいますよ!! 
くるんぱ
2008/01/31 16:04
po-raさま
是非お母様から七色の物をプレゼントして貰って下さい♪
ましてブレスレットなら長い物だし、
より一層いいじゃないですか!
po-raさんの厄年が何事もなく、無事に過ごせますように!

法事の甘納豆… ん…? よくわからないです? (-_-;)
くるんぱ
2008/01/31 16:17
pearlさま
古いことならお任せ下さい(^m^ )クス
何故おざんざいを食べるのか不思議でしょう?
おぜんざに厄よけの何か意味があるのでしょうか?

お嬢さんのご主人は大厄ですか? 
腹巻き、お腹も温まってイイかもねv(*'-^*)ゞ
くるんぱ
2008/01/31 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都 おもしろい厄よけ 平凡な毎日☆でも楽しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる